院長経歴/当院のあゆみ | 早川治療院 hayakawa-chiryoin

院長経歴/当院のあゆみ

院長経歴

早川和浩 Kazuhiro Hayakawa
1963年7月生まれ 蟹座 B型 カバラ11番(!)木星の霊合星人

愛知県立岡崎高校卒▽南山大学卒▽中和医療専門学校卒▽ジョージアカレッジ卒▽
デトロイトタイガースチームアシスタントトレーナー2シーズン(木田投手・野茂投手、他球団の日本人メジャーリーガーのケア、マネージメント通訳に携わることも)▽OSGフェニックスヘッドトレーナー▽JOC委属トレーナー(北京オリンピック帯同)▽元専門学校トレーナー学部講師▽日進市赤池モチロ「フィットインドアテニススクール」さま2FにてKAZスポーツ鍼灸接骨院代表就任▽院長のクーデターに遭い多額の借金を抱え独りで「KAZ鍼灸マッサージ治療院」へ屋号変更▽元東海リハビリテーション専門学校非常勤講師▽7年半の別居を強引解消し奥さんの家に転がり込む▽奥さんの仕事のアシスタントをしつつ長久手の治療院開業へ▽2013年長久手にて「早川治療院」開業▽同時に有限会社早川治療所へと法人名変更▽日進時代の借金はまだ返済中、あと少しで完済です

院のあゆみ

白石宏先生に憧れ焦がれて就職も決まっていた南山大学卒業間近、就職を蹴飛ばして鍼灸が学べる専門学校へ入学したとき、院長父=クニジさん(故)は「め◎らの仕事に就くなんて」と泣いたそうです。当時はまだ鍼灸という資格は盲学校の延長であり、点字で試験を受ける人も多い時代でした。

*35歳で始めて就職を果たします。それがデトロイトタイガースでした。
院長祖父=サンジさん(故)は院長の新聞記事を切り抜いてスクラップして応援。クニジさんはまだ認めていないという中、どこの馬の骨だか解らない女性(私の事ですね)と結婚して子供が出来たという事で院長実家は大騒ぎになったと聞いています。

*幾人かのビックネームのトレーナーにと請われてはチーム都合で流れる…を繰り返してしまいます。
アメリカにいればもっと違う形でトレーナーを続けられたと思いますが院長は大好きだったアメリカにうんざりして帰国を決意します。

*日本に戻って環境は更に悪化。そんな中OSGフェニックス(バスケットボール)のヘッドトレーナーは細い糸のような希望の光でした。

*◎ァイ◎ンの波動転写装置を開発した霊気マスターと◎ァイ◎ン営業商品開発部長のKさんとはアメリカ時代からよくして頂いており、アメリカに◎ァイ◎ンを持ち込んだのは早川です。
選手に提供するグッズは奥さんが運んでいました。帰国と同時に◎ァイ◎ン店舗本店@吉祥寺にて奥さんがアドバイザーを短期お引き受けし、その後独立したKさんに早川は可愛がって頂き不遇の時期を支えて頂きました。KさんのおかげでJOC委属トレーナーになる事が出来ました。

*日進赤池の「フィットインドアテニススクール」のオーナー金太郎さんとの出会いも院長早川にとって大きな恵みです。金太郎さんのおかげで、クーデター後も今も金太郎さんによくして頂いています。

*治療家としてどん底の時期は酷いものでした。日本人初メジャーリーグトレーナーを成し遂げた早川は東京ローカルのテレビに出たりいろいろと注目を集めましたが、故郷愛知では1,000円でも「高い」と言われた時期がありました。そんな中、K野家とA田家の皆さんに公私共に助けて頂きました。今でも変わらず曲がり角に差し掛かると助けて頂いています。

*恋してはいたものの一生ご縁は無いと思っていた白石先生とのご縁もいつの間にかしっかり出来てしまっている院長早川。
*アメリカでのトレーナー経験から医師との連携が普通な早川。多くの東洋医学の治療家先生は東洋医学でなんとかしようとしますが、早川はとにかく西洋医学で解る範囲は調べて頂いて、そこから+鍼治療という考え方をします。診断を出すよりも、不調を取り払う事を大事にしています。知己の専門医の数がとても多いのも自慢です。
ピッチャーの肩を多く手術しているドクターに私=奥さんも手術して貰いましたが、「半年後にマウンドに立てるよ!」と冗談が飛び出すくらいのドクターで、恐縮しました。オバサンに一流の手術をして下さったドクターに感謝です。
また、リハビリの先生も知り合いが多く、行く先々に必ず?早川の知り合いのPTドクターがいたりします。
*トレーナーというのは日本以外では治療はせず、ドクターと連携出来るかどうかが大きな役割です。いつでもチームコンディションを良く整えておく事が仕事です。なぜか日本「だけ」鍼治療などが出来る人がトレーナーという事になっています。

*あとは…奥さんに見限られないよう頑張ると言っています。
奥さんは障碍者手帳ホールダーです。先天性股関節臼蓋形成不全(両足)と深刻な脱臼(右)です。
2010年には肩腱板断裂が見つかり、再腱手術を受けました。他に甲状腺機能不全や実は結構トシなので更年期などもあり、患者側の気持ちを日々院長早川に訴えています。

*早川の今後の野望は1日治療院にいて鍼治療に専念する事。
それが2015年5月11日からやっとスタートします。
ぜひお出かけください。
よろしくお願いします。

スタッフご紹介

*山中香奈(カナちゃん)
高校生の頃から「研修させてください」と通いつめてくれたカナちゃん。専門学校時代は学校と自宅と方角の違う赤池にほぼ毎日通ってくれました。カナちゃんは出過ぎず、気がつく子です。若いのですが苦労人でもあります。
訪問先でもカナちゃんは信頼をしっかり築いてくれます。
結婚しても辞めないで欲しいと患者さんからお願いされる事も。
小柄ですが芯が強いしっかりものです。
すでにチーム付きのトレーナーをしています。
トレーナーをしながら鍼治療もこなします。
パラリンピックテニス選手の治療もしていた実力派です。

*松井敬宏(マツイ)
前治療院から飛び出して引っ越してきた弾丸野郎。見た目若いのでカナちゃんと変わらないと思ったらアラサーでした。
マツイは早川が静岡の専門学校の非常勤講師をしていた縁で「絶対『清水エスパルス』のトレーナーになる!」とやってきました。
下手したら民事でやられるんじゃないかとハラハラしながらの迎え入れとなりました。
いとこさんはセリエAのトレーナーさんだったり密かにすごいマツイ家の血筋が花開く事を祈っています。
マツイはその辺の小娘よりよく気がつきます。
その先どうするかをしっかりマインドセット出来れば化けるかもしれません。

有限会社 早川治療所

愛知県長久手市根の神1018
0561-58-9399
院長携帯
090-4182-6944

鍼灸マッサージ治療院運営、トレーナー派遣と育成、各種ご相談を賜っています。

当院は
クレジットカードがご利用になれます!!
VISA, Master, SAISONのマークがあるカードでしたらOKです。

ページの先頭へ